<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
930SC OMNIAがやってきた♪
top
タッチパネルで操作するサムスン製の3Gケータイ「930SC OMNIA」 を入手しました
サムソン製グローバルモデルの「OMNIA(SGH-i900)」をベースに、日本向けにカスタマイズされたオリジナルモデルのケータイです
操作のほとんどをタッチパネルでやるケータイ、カメラが良いらしい、手書き機能が楽しいらしい、赤外線とBTが使える、などなど 
ショップでホットモックをちょこっと触ったくらいでは良くわからない
カメラの評価なんてユーザーの使うシーンで異なるものだし 画質に関しては好みも大きく反映する
画素数がすべてじゃないし〜w・・・
やはりこれは入手して実際使ってみよう!と思ったわけです


では お決まりのフォトレポからスタート〜w
【本体】
1
まずは表
液晶は3.3インチWVGA(480×800ドット)最大26万色表示の感圧式タッチパネル
大きさは58.1×115.2×13mm


2
こちらは裏
選んだカラーは白だけど、液晶側にはなんら白いところはありません


3
液晶の下にはキーが三つあるのみ
(写真左から 受話キー・クリアー/バックキー・終話/OFFキー)
その下にストラップホールとマイク


4
液晶上にはインカメとレシーバ/スピーカ


5
左側側面には充電やシンク時に使うコネクタと赤外線ポート
コネクタがサムソン製のものではなく、3G端末標準というのは嬉しいところ!


6
上部に平型イヤホンジャックやホールドボタン
一見スタイラスに見えるのはTVアンテナ


7
伸ばしきったところで360度回転が可能



8
右側面はこんな感じ
ブラウジング中に音量ボタン↓で、下へのスクロールのみ可能でした
音量ボタン上下で画面(ブラウジングや一覧画面)のスクロールが可能


9
裏面のカメラ部分のアップ
一番右端は自分撮り用ミラー


10
裏蓋を開けるには下から上へ蓋をグイっとこの程度ずらせば、後はそのまま外れます
内蔵アンテナは点線部分にあるらしい


11
蓋を開けたところ
バッテリはそこそこ容量があり、SIMカードはバッテリパックを外して抜くタイプ


以上 本体のフォトレポはここまで!
あと同包されていた付属品は以下です


【付属品】
f1
マニュアルなど


f2
ヘッドホンを好きなものに変えても使えるのは嬉しい


f3
タッチペン(スタイラス)が本体に内蔵されてないので ストラップホールに下げておくというもの
ここはボディカラーに合わせて欲しかったかもw


f4


f5
液晶保護フィルムが二枚
フィルム上部にはインカメラ用の他に二個穴が開いています
どちらかと言うと固めで気泡が入りやすかったので、接着面に水をつけて装着しましたw


以上です
| ケータイ | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
始めました,930SCを検索していて,お伺いしました。
私も先日930SCを保護しました。
音楽プレーヤーとしても使いたかったので,
arieさんの記事が大変参考になりました。
mp3のファイルをどうしようか迷っていたのですが,
あらかじめ変換してからの方が転送速度的によさそうですね。

またちょくちょく拝見させてください。
| nomuyuka | 2009/01/30 8:16 AM |
nomuyukaさん
はじめまして!
930SC入手おめでとうございます<(_ _)>
私の駄文がお役に立てたようで嬉しいですw
メモリが8GBもあると、色々活用したいですよねー♪
パソコンにあるMP3ファイルを転送する方法も紹介したいと思っていますので、また覗いてやって下さい

http://d.hatena.ne.jp/Arie/searchdiary?word=*%5B930SC%5D&.submit=%B0%DC%C6%B0
↑本家でもちょこちょこ書いてます<(_ _)>
| Arie | 2009/01/30 12:24 PM |
OMNIAユーザーを探していましたらココにたどり着きましたので足跡を・・・。最近はOMNIA用のカバーや着せ替えシートみたいのがヤフオクなどでありますよね。おしゃれなOMNIAにはお洒落なアイテムで・・・。使いにくいところ、気になるところありますが、お互いOMNIAを大切にしましょう。
| ハコスケ丸 | 2009/04/03 10:23 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://arie.jugem.cc/trackback/86